オタクの迷宮

海外記事を元ネタに洋画の最新情報を発信したり、映画・舞台・ライブ鑑賞後の感想をゆるゆると呟いたりする気ままなブログ。

ポール・メスカル✕ジェシー・バックリー✕クロエ・ジャオの強力タッグ〜映画『ハムネット』


f:id:rie4771:20240201074647j:image

 

おお〜〜、ヲタク的にはめっちゃ興奮するニュースが飛び込んできたぁぁぁ(ぱちぱちぱちぱち)

 

 マギー・オファーレルのベストセラー『ハムネット』が満を持しての映画化!この作品は、謎の多い英国の文豪シェイクスピアの家庭生活を、妻のアン・ハサウェイの眼から描いたもの。シェイクスピアにはジュディスとハムネットという双子の兄妹がいましたが、一人息子であるハムネットを11歳で亡くしています。あの4大悲劇の1つである『ハムレット』が発表されたのは、息子の死から4年後のことでした……。

 

 夫がロンドンに働きに行って長期不在の間、夫の実家で義理の両親と子ども達を守り、ペストが蔓延する英国の田舎で奮闘する逞しい女性、アグネス(もちろん、アン・ハサウェイがモデル)。彼女は不思議な能力を持っている設定。薬草のエキスパートであるだけでなく、未来を予知し死者の魂をも感じることもできる。そんな彼女が、最愛の息子の死を予知できなかった筈はありません。原作は、裕福な家に生まれたアグネスが、8歳も年下の、横暴な父親から精神的虐待を受けているラテン語教師(もちろん、シェイクスピアがモデル…原作にはなぜか名前が出てこない(^.^;)と恋に落ちていく過程と、結婚後母として奮闘する姿をタイムリープしながら描いており、「自立した女性の魅力を余す所なく描いた」として、英国に一大旋風を巻き起こしました。

 

 それがそれが、ジェシー・バックリー(アグネス)とポール・メスカル(アグネスの夫)によって映像化されるっていうんですから!大、大、大好きな2人だから、今からもう、ドキドキ。


f:id:rie4771:20240201084802j:image

※『アフター・サン』の若い父親役で日本でも認知されつつあるポール・メスカル(右)。次回作は『異人たち』(ヲタクは昨年秋の「東京国際映画祭」で一足先に鑑賞しましたが、日本では今年の春公開予定のようです)。この作品でのポールの色っぽさは、日本でもブレーク必至だと思うなぁ。

 

 ポール・メスカルは今回のキャスティングについて…

 原作を読んだ時は本当に興奮したよ。まさか自分が(若き日のシェイクスピアを)演じる日が来るなんて…。一昔前の自分だったら信じられないだろうなぁ。ジェシーは素晴らしい俳優。マギー・ギレンホール監督の『ロスト・ドーター』では共演シーンはなかったしね。また、クロエ・ジャオ監督はかねてから一緒に仕事をしたいと思っていた人だから、すごく嬉しい。

 と語っています。『ロスト・ドーター』はポールの出世作で、ヒロインのオリヴィア・コールマンの、言わば人生を破壊してしまうダコタ・ジョンソンの若い夫役でしたね。一方、今回夫婦役を演じる

ジェシー・バックリーはコールマンの若き日を演じ、強烈な演技でアカデミー助演女優賞にノミネートされました。2人共もちろんシェイクスピア作品を演じた経験があり、お互いアイルランド人なので、きっと息もピッタリじゃないでしょうか。


f:id:rie4771:20240201083811j:image

※舞台『キャバレー』の演技で、エディ・レッドメイン(右)と共に英国舞台の最高峰「ローレンス・オリヴィエ賞」を受賞した時のジェシー・バックリー。

 

 しっかしシェイクスピア夫妻を演じるのがアイリッシュで、監督がクロエ・ジャオ。すごくイマドキだね(笑)


f:id:rie4771:20240201074835j:image

※『ノマドランド』でアジア人として初めてゴールデングローブ賞監督賞を受賞、アカデミー賞では作品賞と監督賞を受賞したクロエ・ジャオ。


f:id:rie4771:20240201085638j:image

※マギー・オファーレルの原作は、小竹由美子さんの翻訳で、新潮社から出版されています。