オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

Netflix「世界の摩訶不思議な家」にハマってます~日本編も❤️

f:id:rie4771:20190818082928j:image

(From Pixabay)

 『世界の摩訶不思議な家(The World's Most Extraordinary Homes)』は、英国の建築家ピアーズ・テイラー(Piers Taylor)と不動産投資家のキャロライン・クェンティン(Caroline Quentin)が、「世界の摩訶不思議な家」を訪問する番組です。Extraordinaryですから、奇妙キテレツ、っていうよりもちろん、素晴らしい、とか、独創的っていうポジティブなイメージだと思いますけど🎵Netflix配信です。

 

  これがもう、楽しくって。この番組の家を選ぶポイントって、家を建てるにはけっこう挑戦的な場所(物凄い斜面とか、川のすぐ側とか、砂漠地帯とか)に創意工夫して建設している、住む人の憩いの場所になっている、自然を征服するのではなく、共存している…という共通項があるような。

 

  日本編もあります❤️ 耐震の為には、揺れを吸収する木材を使うのも日本特有の知恵なんだとか、限られた土地にできうる限りのスペースを確保できていることが素晴らしいとか、日本人は古い伝統と近代性を融合することに優れている…etc.など、改めて評価してもらうと(しかもかなりオーバーリアクションで😅)、やっぱり、日本人としてはすごく嬉しかったりする(⬅️単純😅)

 

  面白かったのは、キャロラインが家主さんに「家を建てる時、どんな注文をしましたか❔」と聞いた時、日本の場合、四人中二人が「建築家を信頼してお任せしました」と答え、キャロラインがすごくビックリしていたこと(笑)「自己主張をあまりしない」という日本人の特性、最近はあまりポジティブなイメージじゃなくなっているけど、今回はそれが建築家の独創性を引き出すモチベーションになっているところが、ちょっと面白かったです😉他の国では考えられないですものね🎵

 

 インド、スペイン、イスラエルアメリカ、ノルウェー…素晴らしい家々と美しい手付かずの自然。楽しい二人のナビゲーターといっしょにバーチャルトリップ❗