オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

ジャクロくん、「ザ・リスト」の世界に影響を与えた文化人ベスト100に~そしてBAFTAの興奮さめやらず

 「ザ・リスト」は、英国の芸術とエンターテイメントのデジタルガイドです。 同社の活動には、映画、飲食、音楽、演劇、ビジュアルアート、ダンス、家族などに関するデータ収集があるそうで。日本で言えば「日経エンターテイメント」のデジタル版とでも言えばいいんでしょうか。「ふたりの女王~メアリーとエリザベス」ダーンリー卿ヘンリーや、ロック様ことドウェイン・ジョンソンプロデュースによる映画「ファイティングファミリー」への出演によって、かなり順位を上げたもよう😊✌️

 そして、まだまだBAFTAScotland授賞式のフォトやインタビュー💕パーティーで親しい友人や映画関係者に再会して、本当に生き生きと愉しそうなジャクロくん😊助演男優賞を受賞したローン・マクドナルドも、その受賞スピーチの中で、「ジャック・ロウデンは信じられないほど素晴らしい俳優」と賞賛してくれました。愛してるわ、ローン❗(⬅️ゲンキン😅)また、ダーンリー卿ヘンリーについてマイクを向けられたジャクロくん、「ヘンリーは、歴史の隙間に存在したような人。彼が利己的だと思うかって❓まあ、野心家だったのかな。素晴らしい体験だったよ」といった趣旨のことを言ってましたね😊「クズ野郎だよ、ぶん殴ってやりたい」なーんて、最初はけっこうカゲキなご意見を述べていたジャクロくんですが、かなりトーンダウンしてましたね(笑)長い間ヘンリーを演じて愛着を感じてきたのかしら。…でも、ダメ男クンだったけど、憎みきれない、何とも言えない愛嬌のあったヘンリー。あの人物造形は、ジャクロくんの功績ですよね。あんなにイケメンなのに自分をどうアピールするかよりまず台本選びから。あえて悪役やクズ野郎にチャレンジするジャクロくん。そんな生き方も…

めっちゃ好きですっ❗(笑)

(おまけ)いつもは落ち着き払ってるジャクロくんのはしゃいでいる貴重なショット