オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

ジャック・ロウデンNEWS📰~弟カルムくんとBAFTAスコットランド

「ジャクロくん、BAFTAスコットランドノミネート❗」

 英国アカデミー賞スコットランド候補には常連のジャック。今年は、あのスティーブ・マックイーン監督(映画『それでも夜は明ける』)のTVミニシリーズ『Small axe(小さな斧)』の演技により、ジェームズ・マカヴォイやピーター・ミュランなど、そうそうたるメンバーと共にノミネート❗

 

ジャクロくんが出演したのは『Small axe』のうちの1作『Mangrove』。1970年を舞台に、反人種差別を掲げる黒人運動家団体「マングローブ9」、そして同じく運動家であるフランク・クリッチロウの姿を描く実話です。主演は『ブラックパンサー』(2018)のレティーシャ・ライト。ジャクロくんの役柄は不明ですが、白人だからきっとヒール役かな(笑)

 

ジャクロくんが友人と立ち上げた映画製作会社による初めての作品『Kindred』の主演女優タマラ・ローレンスもノミネートされてますね❗プロデューサーであるジャクロくんとしては、自分が俳優としてノミネートされる以上に嬉しいんじゃないでしょうか😊

 

「弟カルムくん、スウェーデン王立バレエ団のプリンシパルに❗」

 めちゃくちゃ弟思いのお兄ちゃんジャクロくん。弟のカルムくんはスコットランドから遠く離れたスウェーデンで、王立バレエ団のファーストソリストとして修行に励んでいたわけですが、このたび最高位のプリンシパルに就任とのニュースが❗

 

  ジャック&カルム、まるで双子のように仲の良い兄弟。幼少期にはジャクロくんもバレリーノを目指したものの早々に自らの才能に見切りをつけ、俳優業に転身しました。その後も変わらず弟くんを全身全霊で応援し続けるジャクロくんの姿にはいつも、胸打たれるものがあります。

 

  スウェーデン王立バレエ団といえば、我が日本の誇るプリマ、佐々晴香さんが数年前にプリンシパルに就任したことで話題になった、ヨーロッパでも5本の指に入る由緒あるバレエ団。折しもこれからバレエ界はクリスマス時期、「くるみ割り人形」の季節到来❗きっと、カルムくんと佐々さんのペアが見れることでしょう🎵

 

ジャクロくんはストックホルムに公演を観に行くのかな❓きっとシアーシャといっしょね、フフ♥️

 

(BBCのニュースでも取り上げられたみたいですね。ジャクロくんが住んでいるのは、スコットランドのボーダーズ地方。なので、「ボーダーズ村からスウェーデンへ」という見出しになってます😅)