オタクの迷宮

海外記事を元ネタに洋画の最新情報を発信したり、映画・舞台・コンサート鑑賞後の感想をゆるゆると呟いたりする気ままなブログです。

マイク・ファイストの愛読書を村上春樹が紹介していた件


f:id:rie4771:20220707054236j:image

村上春樹の6月29日付BRUTUS『私的読書案内』にカート・ヴォネガットの『スローターハウス 5』が紹介されてる~🎉✨😆✨🎊

 

  なんでヲタクが騒いでいるかというと、ヲタクの熱烈推し、マイク・ファイストの愛読書のひとつだから。「なーんだ、そんなことか、つまんない」なんて言わないで(笑)推しに関してほんの少しでも「かする」話題があると、つい過剰反応しちゃう😅推し活ってそんなもんよね❓(ち、違う‥‥❗❓)

 

  スピルバーグ監督の新生『ウェストサイド・ストーリー』ジェッツのリーダー、リフ役でブレークする前、マイクはブロードウェイの舞台『ディア・エヴァン・ハンセン』で、孤独に苦悩し、薬物乱用の末に自死を遂げるコナー役を好演、トニー賞にノミネートされました。彼の愛読書は今回村上春樹によって紹介されている『スローターハウス5』と、サン・テグジュペリの『人間の土地』だそうですが、それはそのまま『ディア・エヴァン・ハンセン』の演出の1つとして取り上げられ、「マイクの愛読書=彼の演じるコナーの愛読書」となったらしいです。

 

カート・ヴォネガット村上春樹は『読書案内』で、

ヴォネガットサイエンス・フィクションからの「異業種乱入」みたいなところがあり、そのストーリー展開の「普通じゃなさ」、独特のとぼけたユーモア感覚、そしてそこに漂う淡い哀しみ、それらはどこまでも斬新だった。

と評しています。サイエンス・フィクションからの「異業種乱入」とは、さすが村上春樹ならではの表現ですが、ヲタクがン十年前、英文科の学生だった頃に読んだヴォネガットは、それまでのアメリカ人のオハコである「正義感溢れるマッチョイズム」を横目で見て、違和感感じてソワソワしているような印象😅


f:id:rie4771:20220709211609j:image

 

  じつはヲタク、これまでアメリカ人のピューリタン的な正義感やマッチョ主義がちょっとニガテで(小声)、アメリカ人俳優の「沼」に堕ちることって殆ど無かったんだけど、ごく最近になって、マイク・ファイストや『エルヴィス』のオースティン・バトラーにみごとハマっちゃいまして‥‥😅アメリカ人俳優にも、ダウナー系のニューウェーブが起きてる感じなんですかね。

★関連記事はコチラ❗⏬⏬⏬⏬⏬⏬⏬⏬

「マイク・ファイスト~アップカミングイケメン に注目❗  ELLE GIRL」

https://www.rie4771.com/entry/2022/02/23/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%88%EF%BD%9E%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%81%AB

※この記事を読んで、ステキな俳優マイク・ファイストに興味を持たれた方は、題名の下の「マイク・ファイスト」をクリックして頂くとマイク関連の他の記事も読めますので、よかったら‥‥。