オタクの迷宮

海外記事を元ネタに洋画の最新情報を発信したり、鑑賞後の感想を呟いたりしています。今はおうちで珈琲片手に映画やドラマを観る時間が至福。

こんなに面白い映画だったの!?〜『Gメン』

 
f:id:rie4771:20240117071616j:image

Netflixにて、映画『Gメン』視聴。

 

 今年(2024年)正月早々、Number_iのデビュー曲『GOAT』のMVを見て脳天カチ割られるような衝撃を受け、まんまと沼オチしてしまったヲタク(笑)遅まきながらYou-tubeで彼らのキンプリ時代の楽曲のMVをちょいちょい見ているのですが、『ichiban』や『ツキヨミ』を見ると、今後Number_iとして日本の音楽界に革命を起こすであろう彼らのその萌芽が、すでにずっと前から地中で蠢いていたという事実が感慨深い。

 

 ……というわけで、Netflixで新たに配信開始された『Gメン』は、メンバーの1人である岸優太くんが主役の門松勝太を演じております。

 

 めちゃくちゃ面白くて、最初から最後まで笑いっぱなし。…でもって最後には、バカで激アツな仲間たちの友情に涙。王道の青春モノです。

 

 もしかするとこのキャスティングって、旧事務所の半分ゴリ押しで決まったものかもしれないけど、岸くんは「親のコネで一流企業に就職しながらも、その実力で周囲の冷たい視線を跳ね返し、頭角を現す新入社員」さながら、日本の芸能界の人気者総動員みたいなゴージャスな共演陣を向こうに回して、堂々たる座長ぶり。ラストクレジットでメイキングのシーンが流れるんだけど、諸先輩たちとも和気藹々……といった感じで、相当人間力の高い人だと見た。

 

 役者としての岸くんは、旧ジャニーズ事務所出身って言われてもちょっと信じられない。石原軍団の新人みたい(笑)身体能力バツグンでアクションもキレッキレ、コメディセンスもあるから、今度は『あぶデカ』みたいなコメディタッチの刑事モノか、『サラリーマン金太郎』みたいなリーマン役で見てみたい。良い意味で、彼みたいな「昭和の香りがする」熱血漢タイプは若い役者さんの中にあまり見当たらないから、かえってニッチかも。

 

 Number_iはこれからどんどん世界へ出ていくでしょうから、岸くんも役者業にあまり時間は割けないのかも……だけど(本人も役者が好きかどうかも不明だしね (^.^;)、ぜひまた映画館の大スクリーンで彼の演技を見てみたいものです。絶対にそれだけのスケールの大きさがある人だと思うから。

 

 主題歌がザ・クロマニヨンズっていうのもいいね。勝太っていかにも甲本ヒロトの歌好きそうだもん。カラオケで『人にやさしく』とか『リンダリンダ』とか熱唱してそう(笑)


f:id:rie4771:20240117075620j:image

MCUマイティ・ソー』のマット・デイモン並みにナゾのカメオ出演をする間宮祥太朗

 

★今日の小ネタ…コメディエンヌ万歳

今まで、日本の芸能界はきれいどころの女優さんたちと女芸人たちの「2極化」が進む、コメディ女優不毛の地であるとブログでも度々嘆いていたヲタク。ところがところが、この映画を見て前言撤回!

若くて前途有望なコメディエンヌを2人も発掘したゾ。その名も吉岡里帆小野花梨


f:id:rie4771:20240117074518j:image

※G組の誇る美人教師……のはずだった雨宮瞳(吉岡里帆)。ところがその実態は……。

f:id:rie4771:20240117074339j:image

※スケバン・チーコ役の小野花梨。TVでは絶対放送禁止の下ネタを吐きまくる(笑)直近で見たのが『罠の戦争』のしっかり者の議員秘書役だったから、あまりのギャップにのけぞった(^.^;

 

★おススメ度

★★★☆☆……見れば元気になる、エネルギーもらえる!栄養ドリンクみたいな映画です。