オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

第91回アカデミー作品賞はあの下ネタコメディ監督に❗(笑)

 いつも思うことだけど、現地のアカデミー賞授賞式の時点で、作品賞ノミネート作品のうち、日本で公開済みの作品がたったの半分って、どぅーなの❔毎年この時期になると、同じ愚痴言ってる気がする😅できれば、映画マニアの友だちと、どれが、誰が受賞するか、デルソーレのジェラートなんか賭けて、受賞日当日はもっと盛り上がりたいもんです(笑)

 

  まっ、気を取り直して。まず助演女優賞、「女王陛下のお気に入りレイチェル・ワイズエマ・ストーン、二人とも受賞ならず。以前ブログにも書きましたが、映画の中の二人の憎しみあい、足の引っ張りあいが凄まじく、どっちか一人選ばれたらヤバいんじゃないの❔って感じだったから、良かったかもね😅

 

  助演男優賞マハーシャラ・アリ❗「ムーンライト」から2度めの受賞ですね。凄い😲あの名作「ムーンライト」の味のある演技良かったなぁ。今回は真逆の役だ😊「グリーンブック」3月1日初日に駆けつける予定ですが(予告編は2,3回観てますけど😅)、実話に基づいて、黒人差別問題をコミカルに描いているということで、とっても楽しみ。

 

  2年前の、やはり実話で、米航空局に勤務し、ロケット開発に携わった黒人女性3人を描いた「ドリーム」思い出しますねぇ。こちらの映画も「グリーンブック」と同じ、舞台は1960年代。今よりもずっと、黒人差別が激しかった頃。映画の中で、ワタシ的に忘れられないエピソードの1つにトイレの話が。当時の黒人女性たちは、どんなに優秀なキャリアでも、敷地の果てにある黒人専用トイレに、長い時間かけて通わなくちゃいけない。女性にしてみればホントに大変なことなんだけど😢それをジョークで笑い飛ばし、差別を乗り越え、自分たちの力を次第に周囲の白人職員たちに認めさせていくガッツ👊✨見ながら泣いたり笑ったり、忙しい映画でした😅

 

  「グリーンブック」イタリア系白人の粗野な用心棒(ヴィゴ・モーテンセン)と黒人天才ピアニスト(マハーシャラ・アリ)とのロードムービー🎵なんと作品賞もゲットしましたが、監督はあの「メリーに首ったけ」のピーター・ファレリー😅まあ、アメリカの福田雄一監督とでもいいましょうか。「メリーに首ったけ」は、当時女優として売り出し中だったキャメロン・ディアスに「ここまでさせるか❗❔」っていうくらいお下劣な下ネタギャグ満載(汗)でも、そのおかげでキャメロンは大ブレーク、その後ロマコメ女王に(さすがにシリアスものは話来なかったみたいですが😅)福田監督、いっそ日本アカデミー賞はあきらめて、ピーター・ファレリーのお株を奪い、コメディセンスを活かした感動モノで、本家本元アカデミー賞を狙ったらいかがでしょう❔😊

 

  ごひいきヴィゴ・モーテンセンクリスチャン・ベールも、主演男優賞受賞ならず🙍クリスチャン・ベールは「ザ・ファイター」ですでにアカデミー助演男優賞は獲ってるし、今回の「バイス」チェイニー副大統領役(チャーチルを演じたゲイリー・オールドマン同様、特殊メークでもはや本人と認識不能😅)でゴールデングローブは受賞してるけど、ヴィゴはどれもノミネートのみの無冠の帝王。腕っぷし自慢な用心棒役なので、細身マッチョは封印(ヴィゴの場合も、予告編に出てきた時、一瞬誰だかわからなかった😅)、14キロ増量で役に臨んだそうですが…ザンネン❗

 

  主演女優賞は「女王陛下のお気に入り」アン女王役、オリヴィア・コールマン❗優柔不断でコンプレックスのかたまり、二人の侍女(レイチェル・ワイズエマ・ストーン)にいいように繰られているかと思いきや、たまーに傲慢な本性見え隠れ…そして終盤、まさかのどんでん返し😲その緩急自在、巧みな演技、誰もが納得の受賞でしょう😊

 

  そして特筆すべきは、マーベルコミックス映画「ブラックパンサー」が作曲賞、美術賞、衣装デザイン賞受賞❗アメコミ映画初の快挙❗クリストファー・ノーラン監督のバットマンダークナイト」の例はありますが、厳密にはあれはアメコミヒーロー映画ではないですからね。ノーラン監督が、彼の善悪の哲学を圧倒的な映像美で描いた壮大な三部作。文字通り「演技の神」となって昇天してしまった😢ジョーカー役、ヒース・レジャーへの追悼とともに。

 

  「ブラックパンサー」は、ヒーロー(国王のブラックアマゾネス親衛隊の暴れっぷりを見ると、実際はヒロイン映画か❔😅)映画であると同時に、躍動する黒光りの肌に飛び散る汗、Black is beautifulの典型的映画。アフリカ奥地の架空の王国ワカンダが舞台で、人びとの鮮やかな民族衣装の美しいこと。アフリカ音楽を取り入れたテーマ曲の壮大なこと。4月公開の「アベンジャーズ~エンドゲーム」、「ブラックパンサーII」がますます楽しみです😊

 

  日本勢「万引き家族」「未来のミライ」残念ながら受賞はなりませんでしたが、ノミネートされるだけでも凄いことですし、しょせん、お祭りはお祭り、来年も乞うご期待ですね😊

 

  本家は終わりましたが、もうすぐ(3月1日)吉沢さんが新人賞を受賞された日本アカデミー賞❗映画館で「グリーンブック」を観て、帰ってきたら日本アカデミー賞かぁ。素敵な1日になりそう😉