オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

ニコラス・ホルト in 「ライ麦畑の反逆児」~「シングルマン」~英国男子


f:id:rie4771:20190309140818j:image

 

  黄金町のミニシアター「ジャック&べティ」で、ニコラス・ホルト主演「ライ麦畑の反逆児~ひとりぼっちのサリンジャー」ワタシの家の最寄り駅は横浜地下鉄(ブルーライン)沿いで、黄金町の京急はちと不便なので、阪東橋の駅から、大通り公園を横目で見ながらブラブラ歩いていくのがお決まりのコース。

 

  ジャック&べティの辺りは、18才未満お断りのお店が多くて日が暮れると少々怪しげな雰囲気になるので😅映画観るのは午前中と決めています。朝の黄金町は、「ツワモノどもが夢の跡」って感じの、ちょっと侘しい感じが好き。でもたまに、その筋かな?と思われるようなおにーさんが携帯いじってたりするので、足早には歩くけど(笑)

 

  上のニコラス・ホルトのちょっとよれっとしたポスターの向こうに見えているのが、ハマの名探偵濱マイク(演・永瀬正敏)が探偵事務所を構えていた、横浜日劇の跡地に建ったマンション。

 

  サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえてキャッチャー・イン・ザ・ライ」いわずとしれた現代アメリカ文学の、もはや古典。ワタシもいちおう英米文学専攻だったので、原書で読み始めて途中で挫折、翻訳書でやっとこさレポート出しました😅映画にも出てきますが、人より何倍も繊細で、鋭い感性を持っているからこそ、大人社会の欺瞞や裏切り、嘘やスノビズムが許せず、怒りを常に抱えている17才の主人公、ホールデンが妹に語る言葉…僕のやる仕事はね、誰でも崖から転がり落ちそうになったら、その子をつかまえることなんだ――つまり、子供たちは走ってるときにどこを通ってるかなんて見やしないだろう。そんなときに僕は、どっかから、さっととび出して行って、その子をつかまえてやらなきゃならないんだ。

を読んだ時、当時は若かったワタシ、何かこう、ぐっと来るものがありましたね。自分の将来に、わけのわからない不安と、漠然とした恐怖抱えてたし。たいていは大人になるにつれて、嫌々ながらでも社会と折り合いをつけて生きてゆくんだけど。サリンジャーはそれが死ぬまで出来なかった人なんだな…と。サリンジャーが突然引退して隠遁生活に入った、アメリカ文学史上の有名な謎を解き明かそうという試み、演じるニコラス・ホルトの、純粋で儚くて、触ったら壊れそうな人物像が説得力があってね。あー、やっぱりジャック&べティの支配人さんがチョイスする映画は間違いない❗

 

  ニコラス・ホルト、イギリス出身の29才。X-MENのビースト役や、ゾンビ恋愛コメディ❔😅「ウォーム・ボディズ」で一般には知られています。…が、ワタシ的には何といってもあのトム・フォード監督第1作「シングルマン」❗恋人(マシュー・グード)に不慮の事故で先立たれた大学教授(コリン・ファース)が、絶望にうちひしがれ死を決意し、街をさ迷う1日を描いた物語。映し出される景色、季節感、コリン・ファースのファッション、メガネ(なんせ、トム・フォードですから😅)、主人公が住んでる家❗ライフスタイルが素晴らしくお洒落で、トム・フォードの美意識が隅々にまで行き届いた映画。舞台はアメリカなのに、出演者はなぜかイギリス俳優ばかり😅その中で20才のニコラスは、教授にひたむきな憧憬を抱く教え子の大学生。その純粋さに教授は、再び生きようという意思を持ち始めますが…。シニカルで残酷なラストであるがゆえに、コリン・ファースの静謐で哀愁溢れた演技、回想場面で登場するマシュー・グードの圧倒的美男子ぶり、ニコラス・ホルトのひたむきな若さが際立つ佳作だと思います。また、教授が講義の中で、「マイノリティが世間から迫害を受ける理由は、世間が感じる恐怖に由来する」と語る場面は、そのままトム・フォードの心情吐露といえるでしょう。

 

  …しかし、自分のファン歴振り返ってみると、古くはピーター・オトゥール(アラビアのロレンス)、ゲイリー・オールドマンベネディクト・カンバーバッチエディ・レッドメイン、ジャック・ロウデン…と、英国俳優ばかり😅…あ、ピーター・オトゥールアイルランド出身でケルト系、アングロサクソンイングランドとは全く違うんですが、いちおうひとまとめで(汗)イギリスに遊びに行ってもそうなんだけど、英国男性の、一見紳士的なんだけど、絶対心の奥見せない、冷たーい感じ、慇懃無礼な感じがなぜか好きで😅(べつにMぢゃないんですけどね=汗)最近は英国の俳優さんたちもこぞってハリウッドに居を移しちゃうから残念だなぁ。妙にアメリカナイズされちゃってね😅英国の俳優さんらしさを失って欲しくないと思う今日この頃🎵…余談だけど、こうやって写真並べてみると👇エディ・レッドメインの普段のオシャレ番長ぶりが際立つなぁ。