オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

オスカーにアジアの風が吹く~監督賞&作品賞『ノマドランド』

 『パラサイト~半地下の家族』ポン・ジュノ監督から『ノマドランド』のクロエ・ジャオへ、2年連続でアカデミー賞受賞会場にアジアの風が吹いた❗しかも今年は女性…嬉しすぎる😭しかも、今回も監督賞と作品賞のダブル受賞❗

 

  先日『ノマドランド』の感想を書いた時、巷でよく語られている、「ノマドピープルはフロンティア精神の象徴。アメリカ人の原点回帰である」というテーマよりもむしろ、東洋と西洋の思想の融合ではないか…❓と書きましたが、今WOWWOWで録画しておいたクロエ・ジャオの監督賞受賞スピーチを聞き終わって、その感をさらに強くしたヲタク😅…全くの手前味噌で申し訳ないんですが(汗)

 

  今、アジア系の人々へのヘイトクライムが多発しているアメリカ。そんな現実を十分踏まえた上で、長い黒髪を三つ編みにして化粧っ気もなく、ホントに小柄で少女のようなジャオ監督は、噛みしめるように語り始めます。

 

「今この生き難い時代において、どう前向きに進んで行ったらいいのか、わからなくなることもあります。そんな時、小さい頃中国で父と一緒に中国の詩を交互に朗読し合う…という遊びをしていたことを思い出します。全ての人の心には「Goodness~善」がある。世界中どこへ行ってもそれは存在すると、私は信じています」と。

 

  闘争より調和、自尊より謙譲、LuxuryよりSimplicity…映画『ノマドランド』は、クロエ・ジャオが監督を務めたからこそ、あれだけ深みのある映画になった…。クロエ・ジャオとフランシス・マクドーマントという、二人の天才が作り上げた傑作と言えるでしょう。思えば、今回のノミネート作品の中で、動画配信ではなく映画館で上映されたのは『ノマドランド』だけなんですよね…。見事主演女優賞を受賞したフランシスの、映画人の気概、狼の遠吠え😅ホントにこの方は肝が据わってるというか、いつもカッコよくて、まさにHandsome Womanです❗😊

 

  そしてそして、クロエ・ジャオ監督の次回作は、今回の低予算アート系からバリバリのハリウッド大作、マーベル・スタジオ『エターナルズ』❗このへんの振れ幅が楽しみだなぁ。アンジェリーナ・ジョリーリチャード・マッデンキット・ハリントン、マ・ドンソク等とのタッグ、楽しみすぎる😍

 

  小さなジャオ監督が、ドンソクアニキに演技指導しているところを想像すると、自然と笑みがこぼれてしまうヲタクなのでした…ぢゃん、ぢゃん❗