オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

ジャック・ロウデンNEWS~ジャック & シアーシャお馬さんごっこ🐴と『BENEDICTION』

 おおっ、ジャクロくんのツイッターとインスタにジャクロくんとシアーシャ・ローナンの、なんと、お馬さんごっこの動画がぁぁぁ~😍

 

  今までロンドンやアイルランドスコットランドアイスランド…etcに一緒に旅行している二人、いつもシアーシャの後ろ姿とか手の一部しか写さない「匂わせ」だったけど、今回はあんまりhappyすぎて動画撮っちゃったんだねぇ(笑)二人、お馬さんに扮してるんだけど、パカパカというヒヅメの音や鼻息の音がちゃんと入ってて、本格的な作り(笑)ヲタク、ヒアリングが不得意で、シアーシャの"Where are you going?"しか聞き取れない…😅シアーシャはすっぴん、し、しかもパジャマ姿❓で、インスタは「楽しい」「可愛い」「ジャック、お前は世界一幸せな男だ」って大盛り上がり😊二人からの幸せのお裾分けで、こっちまで気持ちがほっこり♥️

 

さて、2番目のツイッターは一転してお仕事のお話。

ツイッターの記事には…

「尊敬を集めるテレンス・デイヴィス監督の『BENEDICTION 祝祷』(第一次世界大戦を題材にした詩人、ジークフリート・サスーンの激動の人生を描いた作品)。主演はジャック・ロウデン、共演サイモン・ラッセル・ビール、ピーター・キャパルディ、ジェレミー・アーヴァイン、ケイト・フィリップス、ジェンマ・ジョーンズ」

とあります。  

 

 

 サイモン・ラッセル・ビールは有名なシェイクスピア役者で、ドラマ『嘆きの王冠~ホロウ・クラウン』では、「ヘンリー四世」のフォルスタッフ役で、トム・ヒドルストンと丁々発止の演技合戦を繰り広げました。

ピーター・キャパルディは、ルイス・キャパルディのMV『Someone You Loved』で、妻を心臓病で亡くした男性を演じていたスコットランドの俳優さんですね。以前拙ブログでも取り上げましたが、臓器移植のドナーキャンペーンの為に製作されたあのMV、いつ見ても胸が締めつけられます😢

で、ツイッターには若手イケメン演技派ジェレミー・アーヴァインとジャクロくんの麗しきツーショットがぁぁぁ~😍

っつーことは、ジャクロくんがジークフリート・サスーンで、ジェレミーウィルフレッド・オーウェン❗❗

…や、ヤバい、コーフンしてきた(笑)

ジークフリート(ジャック)はウィルフレッド(ジェレミー)の詩の師匠。第一次世界大戦PTSDで精神を病んだ二人は、入院先で知り合い、友情を越えた間柄に…。英国を代表するイケメン二人が男同士の愛憎劇を演じるわけですね😍ケイト・フィリップス(『探偵ミス・スカーレット』、『ザ・クラウン』のチャーチルの秘書、『ピーキー・ブラインダーズ』アーサーの妻…等々)も大好きな女優さんだし、ハリポタのマダム・ポンフリー、ジェンマ・ジョーンズも出るのね❗そうそうたるメンバーだなぁ…👀

 

  早く来い来い『BENEDICTION』❗

『The long song』の二の舞はナシよ❗❗(笑)