オタクの迷宮

海外記事を元ネタに洋画の最新情報を発信したり、鑑賞後の感想を呟いたりしています。今はおうちで珈琲片手に映画やドラマを観る時間が至福。

ティモシー・シャラメがボブ・ディランを演じる『Going Electric』ついに始動❗※オースティン・バトラーの小ネタ付き


f:id:rie4771:20221009092314j:image

  ティモシー・シャラメがあの伝説のシンガー、ボブ・ディランを演じることが報じられたのはもう2年くらい前。その後、例のにっくき流行り病のせいで頓挫した……と報じられたのですが、ティモシー自身が「Coming soon」とツイしたということは、撮影が始動したもよう🙌

 

  先日、映画『ガンパウダー・ミルクシェイク』を見た時、ディランの『これで終わりさ ~It's all over now, baby blue』が使われていて、ヲタクしばらく

も1回マッチを擦ってやり直せよ

これで終わりさ ベイビー・ブルー

Strike another match, go start anew
And it's all over now, Baby Blue.

のくだりが頭の中でぐるぐる回ってたから😅個人的にめちゃくちゃツボなニュース(笑)

 

 配給元はサーチライト・ピクチャーズで、監督は当初の予定通り『フォード VS. フェラーリ』のジェームズ・マンゴールド。ティモシーはディランが次第に有名になり、「Going electric(この場合は、スリリングとかエキサイティングといった意味)」になりつつあった若き日を演じるそう。ディランの長年のマネージャー、ジェフ・ローゼンが彼の代理人として映画会社とマンゴールド監督との交渉に当たるようです。

 

★今日の小ネタ

 偉大なアーティストの伝記映画といえば、そう❗直近で私たちに強烈なインパクトを与えた映画『エルビス』~~❗主演のオースティン・バトラーとティモシー・シャラメは曰く因縁のある間柄でありまして。長い間ハリウッドいちの「映え」カップルだったティモシーと、ジョニデの愛娘リリー=ローズ・デップ。別れた直後、ロンドンの街角で、リリー=ローズとの極アツラブシーンをパパラッチされたお相手が、誰あろうオースティン・バトラー。ティモシーとオースティンは来年公開予定の『DUNE / 砂の惑星 PART II』で宿敵同士を演じています。……で、ここへ来てオースティンと同様、偉大なる時代のアイコンを演じることになったティモシー。もしかして来年のアカデミー賞に二人ノミネートされちゃったりしたら大コーフンなんですけど❗

……って、ヲタク妄想が止まらなくなっちゃったんで、今日はこのへんで(笑)