オタクの迷宮

海外記事を元ネタに洋画の最新情報を発信したり、鑑賞後の感想を呟いたりしています。今はおうちで珈琲片手に映画やドラマを観る時間が至福。

素顔のラミン・カリムルー~『トゥモロー・モーニング』

f:id:rie4771:20221217161853j:image

 横浜のミニシアター「ジャック & べティ」で、ミュージカル映画『トゥモロー・モーニング』鑑賞。

 

  今日のヲタクのお目当ては、ラミン・カリムルー!


f:id:rie4771:20221217172342j:image

若干28才にしてアノ『オペラ座の怪人』に抜擢されたラミン・カリムルー!ヲタクも10年前位にロンドンで『オペラ座の怪人』観たけど、残念ながらその時は彼は出ていなかった😢……しかししかし、ロイヤルアルバートホールで上演された『オペラ座の怪人上演25周年公演』では、念願叶って彼の怪人が見れたぁぁ~🎉✨😆✨🎊(コロナ禍ということで、世界中の「ファントム」ファンのために、YouTubeで48時間の限定配信が行われたんです)本公演ももちろんだけど、上演後この作品のミューズにして不世出のディーヴァ、サラ・ブライトマンが特別ゲストとして華々しく登場、ラミンも含め歴代4人の怪人たちと歌う……という、ミュージカルファンには嬉しすぎて気が狂いそうな企画が(笑)ラミンは記念公演に選ばれるだけあって、その歌声、演技力、セクシーな魅力、群を抜いてましたっけ。特にその歌声は、力強く、言わば絹のような光沢がありました。日本にもけっこう来日してますよね、コンサートで。でもヲタク的にはこの眼で全編見たい、彼のファントムが。

 

  さて、前置きが長くなりましたが、『トゥモロー・モーニング』。離婚を決意した夫婦が財産分与で争い、明日の朝は裁判所で調停を控えている……という設定の、ある1日の物語。今までの生活も、これからの人生も、一変してしまうだろう「トゥモロー・モーニング」を前に何故か、二人の脳裏に去来するのは、出会いから恋に落ち、結婚に至るまでの耀かしい日々でした。現在と過去の二人が、それぞれのシチュエーションで同じ曲を歌う……っていう構成になっています。でもこれ、元々は舞台なんだよね?映画ではそれぞれ過去と現在、ヴィジュアルを変えてそれとわかるように演じているけど、舞台ではどんなふうになってるんだろう(-ω- ?)もしかして別々の俳優さんが演じてる?……将来、舞台も見てみたいものです😊

 

あんなにアツアツの恋人同士だった二人が20年経ってなぜ離婚に至ったのか……。ストーリーが進むに連れ、次第に原因は明らかになっていきますが、まあ結局のところ、お父ちゃんの「遅くやって来た自分探しの旅」に、奥さんと10才のキュートな息子が巻き込まれちゃったっていう(笑)まっでもね、これはラミン・カリムルーとサマンサ・バークスという、当代きってのミュージカルスターの珠玉のような歌声に酔う映画ですからね😊難しいことは言いっこなし!(笑)

 

★『オペラ座の怪人上演25周年記念公演』についての記事はコチラ!⏬⏬⏬⏬⏬⏬⏬