オタクの迷宮

海外記事を元ネタに洋画の最新情報を発信したり、映画・舞台・コンサート鑑賞後の感想をゆるゆると呟いたりする気ままなブログです。

オースティン・バトラー『ヒートHEAT 2』(マイケル・マン監督)に出演❗

 
f:id:rie4771:20230324131516j:image

ノワール映画の名作『ヒートHEAT』の続編に我らがオースティン・バトラー、出演決定〜〜❗ぱちぱちぱちぱち👏

 

 惜しくもオスカーは逃したけど、バズ・ラーマン監督が予言した通り、「第2のレオナルド・ディカプリオ」への道まっしぐら。次々と大作、話題作のオファーが目白押しですが、今度は何と、あの『ヒート』の続編にキャスティングされているとか。

 

 マイケル・マン監督の『ヒート』は、強盗団のドンでカリスマ的な権力を振るう犯罪のプロ、ニール(ロバート・デ・ニーロ)と、ニールが起こした現金輸送車襲撃事件を担当することになったロス市警のヴィンセント・ハナ警部補(アル・パチーノ)の、追いつ追われつ命を賭けた戦いを描いた映画。『ヒート』といえば、クライマックスの10分以上にもわたるロス市街での銃撃戦のシーンが有名。実際の銃の音をサンプリングしたと言われていて、映画館で観た人たちは「あまりの臨場感にお○っこチビリそうになった」って言ってましたっけ(^_^;)ド迫力のアクションももちろんですが、デ・ニーロとパチーノという名優同士が顔を合わせただけあって、彼ら自身の人生や、共に抱えるどうしようもない孤独感ややり切れなさが描出されたシーンも見どころ。ヴィンセントが尾行していたニールに声をかけ、お茶するシーン。ピリピリした緊張感の中にも味わい深い2人の演技が素晴らしいです。

 

 マン監督によれば、パート1の後日譚と前日譚が並行して描かれるらしい。スコセッシ監督の『アイリッシュマン』みたいに若返り技術を使わないとしたら、パチーノは今のままのヴィジュアルでご出演?……とすればオースティンはどちらのエピソードに出演するんだろう……。

 

もっと情報を❗(笑)

 

★ついしん

…って呟いていたら、前日譚のほうで、ニール・マッコーレー(ロバート・デ・ニーロ)の若き日をアダム・ドライバーに交渉中…とのニュースがでました。…ところでオースティンは?

 

もっと情報を❗(笑)