オタクの迷宮

海外記事を元ネタに洋画の最新情報を発信したり、鑑賞後の感想を呟いたりしています。今はおうちで珈琲片手に映画やドラマを観る時間が至福。

2023年トロント国際映画祭の注目作品〜PART2

 2023年トロント国際映画祭が9月7日〜17日の10日間にわたって開催されます。

 

 カナダ最大の都市トロントで開催される当映画祭が始まったのは1976年。最大の特徴は、非コンペティティブ形式であるということ。まさに「映画のお祭り」。会期中にはいつも約400の作品が上映され、来場者数は約30万人をゆうに超えるようです。エディンバラ国際フェスティバルと並んで、ヲタクがいつか行ってみたいと思っているイベントの1つのなんですよねー。「スポットライト〜世紀のスクープ」、「ラ・ラ・ランド」、「スリー・ビルボード」など、最高賞であるピープルズ・チョイス・アワード(観客賞)を受賞した作品が、以降の主要な映画祭で受賞するケースが多く、業界からも注目度大の映画祭。審査の主役が観客である私たち…っていうところがミソ。

 

 ……というわけで、前回のPART1に引き続き、注目の上映作品を観ていきましょう。

★『Poolman プールマン』

クリス・パイン監督)
f:id:rie4771:20230728163702j:image

 

 俳優として大活躍中のクリス・パイン(『ワンダー・ウーマン』『ドント・ウォーリー・ダーリン』『ダンジョンズ&ドラゴンズ』)が監督デビューを飾るサスペンス『Poolman』。プールの清掃員(パイン)が、ふとしたきっかけでロスの街から「水を盗む」という大掛かりな陰謀に気付き、にわか探偵となって活躍する…というお話し。それにしてもロン毛とおヒゲ、グラサンで、役作りとはいえクリス本人とは認識できない(笑)


f:id:rie4771:20230728165019j:image

クリス・パイン。素顔の彼はブルーアイズのイケメンですが……(^.^;

 

★『His Three Daughters 彼の三姉妹』

アザゼル・ジェイコブス監督)
f:id:rie4771:20230728163711j:image

 先鋭的な映画プロデューサーとして知られるケン・ジェイコブスの息子、アザゼル・ジェイコブス(『フレンチ・イグジット』『テリー』)が監督を務める本作品。父親の健康状態が悪化した為に、彼のもとに集まった三姉妹(エリザベス・オルセン、キャリー・クーン、ナターシャ・リオン)。

……これって、PART1で紹介した『North Star 北極星』(クリスティン・スコット=トーマス監督)のプロットにソックリですよね🫢母親と父親の違いはあるけどね。脚本と演出と演技の違いが際立ちますね、きっと。2作品を見比べるのが楽しみ❗

 

★『エズラ』(トニー・ゴールドウィン監督)


f:id:rie4771:20230728171629j:image

「子育てに奮闘する夫婦を描いたドラメディ」とのことで、キャストはボビー・カナヴェイル(写真中央)、ローズ・バーンロバート・デ・ニーロ(写真左)。ちなみにカナヴェイルとバーンは実生活でもご夫婦です。写真から見ると、デ・ニーロはおじいちゃんかな❓それとも近所に住むご老人❓(笑)

 ドラメディって、最近見かけるようになった言葉ですよね。「ドラマとコメディが混然一体化した作品」らしいんですけど、ドラメディの典型的作品として、ある人は『セックス・アンド・シティ』を挙げているし、ある人は『バードマン〜無知がもたらす予期せぬ奇跡』を挙げてる…。さりとてこの2つの作品に共通点ってあります??調べれば調べるほど疑問が湧いてくるヲタクなんですが……。この作品が公開されたら確認してみることにしよう。