オタクの迷宮

海外記事を元ネタに洋画の最新情報を発信したり、映画・舞台・ライブ鑑賞後の感想、推し活のつれづれなどを呟いたりする気ままなブログ。

グラビアの岸くんがヤバい🫢〜ELLE Meets Number_i

 
f:id:rie4771:20240629171518j:image

 ELLE JAPAN 2024 8月号特別版(しかも表紙が贅沢2バージョン❗)に登場したNumber_i。「情熱が導く、さらなる高みへ」素敵なキャプション……。個人的に、フランスのエスプリに溢れたELLEの記事は大好きだから、嬉しい❤

 

 グラビアはどれももちろん素敵なんだけど、中折りページ、ジャケット&シャツ&パンツをAll Diorでキメた岸くんが……とにかく…とにかくヤバいです(圧倒的語彙力不足 笑)。TVのインタビューで見る岸くんはコミカルな愛されキャラで、見てて楽しくて、笑いと元気をくれる人……って印象なんだけど、カメラの被写体になった瞬間に、何か憑き物でも憑くのか^^;、なんなのこの溢れ出る大人の色気。グラビアでポーズをとる度に、岸くんはいつもハッと驚くような意外な表情を見せるよね。そして、彼らがグラビアに載る度にヲタクはしつこく言ってるんだけど、Number_iの中では岸くんが1番小柄なのに、それを感じさせない。頭が小さい上に、肩幅とW&Hが美ボディの黄金比率だから、理想的なグラビアモデル体型なの。

 

 インタビューもとても読み応えがあり、3人それぞれが「メンバー観」と「ファンへの想い」を語ってくれていて、いつもながら彼らの真摯さと優しさに胸が熱くなります。

 

 「君 Like a 針金」という歌詞には、ファンの人たちが僕らを理想の形に導いてくれるという意味を込めました。(平野)

 

 うっわー、こんな言葉をかけてもらえるファンって、他にいるんだろうか。推しにはいっぱい愉しさや勇気をもらっているけど、それはただ与えられるだけじゃなくて、私たちファンもまた、彼らの役に立っている、彼らの生きる力になっているという喜び。特にNumber_iの3人はなんの衒いもなく、いつもストレートに言葉に出してくれるから嬉しいなぁ。だから推し活は止められない(笑)

 

 あと1つ、紫耀くんのメンバー観が面白かった。彼が突拍子もないことを言った時に冷静に、客観的に意見を言ってくれるのが神くん(年下のお兄ちゃん❗❓^^;)。そして岸くんはといえば……

 

岸くんはいてくれるだけでその場が和むし、

一緒に過ごしているだけでMVのアイデアが浮かんできたりもする不思議な存在です。(平野)

 

 えっええーー❗❓紫耀くんさー、さらっと言ってるけど、つ、つまり、岸くんって紫耀くんのインスピレーションを限りなく掻き立てる存在……言ってみれば、詩人ヘシオドスにインスピレーションを与えたミューズ……ってこと❓🫢紫耀くんにとって岸くんは単なるムードメーカーなんてもんじゃない、もはや詩神的な存在だってことね。凄いわ、凄すぎるわ。やっぱりNumber_iって、運命の力で結び付けられた最強のユニットなのね。

 

 今回のELLE、他にも興味深い記事が満載なんだけど、中でも「唯一無二の個性が光る最強ディーバの名言」というコラム。

 

 ゆっくりと、何年もかけて、私は少しずつ自分を見せてきた。みんなが私を理解したというたびに別の面を見せるの(マドンナ)

 

 この言葉、日頃Number_iが語っていることと相通じるところがあるような気がしませんか❓35年もの間新しいことに挑戦し、常に「別の面」を見せてきたマドンナ御大同様、Number_iもきっと、良い意味で見る者を裏切り、その度に今まで見たことのない「新しい貌」を見せつつ、私たちiLYsをも共にさらなる高みへ連れて行ってくれることでしょう。

 

 紫耀くんは今の彼らのポジションを評して「まだ地下8階」と言っていたけれど、彼ら自身とiLYsの底しれぬパワーを以てすれば、いつか必ず花咲く地上に躍り出て、燦燦たる陽光を全身に浴びる日が来るはず。