オタクの迷宮

海外記事を元ネタに洋画の最新情報を発信したり、映画・舞台・ライブ鑑賞後の感想、推し活のつれづれなどを呟いたりする気ままなブログ。

目を逸らしてはいけない〜映画『福田村事件』


f:id:rie4771:20231016124110j:image

 横浜黄金町のミニシアター「ジャック&ベティ」にて、『福田村事件』鑑賞。

 

 福田村事件とは、1923年(大正12年)9月6日、その5日前に起きた関東大震災後の混乱と誤情報(主として、朝鮮人が井戸の中に毒物を入れたとか、暴徒と化して日本人を虐殺している、家に放火している等)が生み出した社会不安の中、香川県から来て村に逗留していた薬の行商団15名が千葉県東葛飾郡福田村(現在の野田市)で、地元の自警団に暴行され、そのうちの9名(子供3人を含む)が殺害されたという凄惨な事件です。


f:id:rie4771:20231016154958j:image

※行商団の親方が好意から子どもたちに買い与えた朝鮮のハッカ飴。それがあの惨劇の端緒になるなんて、辛すぎる……😭

 

 事件の詳細が時系列のドキュメンタリータッチで描かれていくと同時に、福田村の住人たち……大学でリベラル思想を身につけたものの、村に残る因習と村人たちの差別観に悩まされる村長(豊原功補)、朝鮮半島である事件に遭遇し、そのトラウマから教育に希望が持てず無気力になった教師(井浦新)、そんな夫に不満を募らせる妻(田中麗奈)、貧困と戦争での一兵卒としての過酷な体験から刹那的な生き方に走る船頭(東出昌大)等の濃密な人生ドラマが並行して描かれているので、当時の日本の社会状況が自ずと浮き上がっていくしくみ。……ただ、東京で起きた亀戸事件(関東大震災下、亀戸警察署において社会主義者朝鮮人らが習志野騎兵連隊によって惨殺された)における平沢計七(日本初の労働劇団の創始者……カトウシンスケ)の非業の死のエピソードを挿入したのは、ヲタク的には蛇足のような気がしました。この事件の真の恐ろしさは、関東大震災という未曾有の災害の中で流言飛語が飛び交い、「殺らなければ殺られる」という妄想が肥大し、普段抑圧していた差別心や憎悪が噴き出して、一見人の良い村人や愛国心に満ちた自警団の人々が一瞬にして殺戮者と化していったところだと思うから……。確かに関東大震災の混乱に乗じて、時の政府や軍部が大規模な「社会主義者狩り」を行ったことは事実ですが、それはまた森達也監督に別の作品で深堀りして頂くことにして(^o^;)


f:id:rie4771:20231016155219j:image

※生まれてから差別と侮蔑を受け続け、福田村で過酷な運命に直面する行商団の穢多たち。彼らを守ろうとする行商団の親方(永山瑛太)は……。

 

 悲劇の種子は、被害者となる薬の行商団の裡にも眠っていた。今考えると、それがとても悲しい。彼らは穢多非人と呼ばれる部落出身者たち。ずっと差別を受け続けていた彼らは、朝鮮の人々に対して、どこか相身互い的な共感を抱いているんですね。「(行商人の)彼らは朝鮮人なんかじゃない、我々と同じ日本人なんだ!」と言って村人の暴挙を止めようとする村長に、行商の親方(永山瑛太)が激怒し、「朝鮮人なら殺してもええんか!」と叫ぶ場面に心抉られます。彼の魂の叫びが村人たちの怒りに火をつけ、さらなる惨劇に繫がっていくさまは本当に恐ろしく悲しく、ヲタクは見終わってからも衝撃でしばらく席を立てませんでした。また、同じく差別を受け、社会の弱者である朝鮮人の飴売りから大量の飴を買ったお礼にと、親方が貰った美しいプチェ(朝鮮扇子)が村人たちの憎悪をさらに掻き立てるきっかけとなることも……😭


f:id:rie4771:20231016154942j:image

※虚無的で刹那的に生きる船頭を演じる東出昌大の男の色気がスゴい。……って、ヲタクが単に彼のファンなだけか(笑)彼にのめり込む寡婦役のコムアイが見せる女の情念もなかなかっす。ドラマ的にはこの2人から目が離せない^^;

 

 日本の映画界って、自国の「負の歴史」には目を瞑って、なかなか白日の下に晒すことはしない傾向があり、そのうちに風化してしまうきらいがあるものだけど、『福田村事件』はそんな風潮に正面切って「NO」を突きつけた骨太な作品だと思います。

 

 この作品に携わった制作者、演者の皆さんに拍手を送りたい❗