オタクの迷宮

海外記事を元ネタに洋画の最新情報を発信したり、映画・舞台・コンサート鑑賞後の感想をゆるゆると呟いたりする気ままなブログです。

日本男子、ココにあり〜オダギリジョー✕中島歩 in『サタデー・フィクション』

 
f:id:rie4771:20231108104751j:image

 横浜のミニシアター「ジャック&ベティ」にて、『サタデー・フィクション』(ロウ・イエ監督)鑑賞。

 

 時は1941年、パールハーバー攻撃直前の上海。(……こうやって書いているだけで、ヲタクの背中は興奮でゾクゾクしてくるざんす 笑)日本軍の占領を唯一免れた当時の上海英仏租界は、日中欧のスパイが日夜、熾烈な諜報合戦を繰り広げていました。折しも12月1日、その魔都・上海に、人気女優ユー・ジン(コン・リー)が降り立ちます。行き先は、当時上海の最高級ホテルであったキャセイキャセイ・ホテルに宿泊先しながら、新作舞台である『サタデー・フィクション』に主演するためでした。劇場では、熱烈に彼女を恋慕う演出家の舞台のタン(マーク・チャオ)が彼女の到着を待ちわびています。……しかしそれは表の顔。彼女は実は、諜報戦と武器の特殊訓練を受けた、腕利きの女スパイだったのです。そして彼女が上海入りした僅か2日後の12月3日、日本から古谷三郎海軍少佐(オダギリジョー)と海軍特務機関の梶原(中島歩)が上海にやってきます。ユー・ジンと旧知の仲であるフランス諜報部のヒューバートは、「実は君は古谷の、亡くなった妻にそっくりなんだ」と告げます。それは、古谷から太平洋戦争開戦の奇襲情報を得るため、フランス諜報部が仕掛けた作戦だったのです……❗


f:id:rie4771:20231112113647j:image

街路樹の向こうに見えるのが、当時のキャセイホテル。国際都市・上海に相応しく、ゲストルームは9タイプ、つまりドイツ・日本・フランス・イギリス・中国・アメリカ・インド・スペイン・イタリアの、各々お国柄を反映したインテリアが自慢だったそう。

 

 

 ヒロインは、中国否、亜細亜否、世界的大女優のコン・リー。ヲタク的にコン・リーと言えばやはり、チャン・イーモウ監督の傑作『さらば、わが愛/覇王別姫』ですね。京劇の女形である小豆(レスリー・チャン)と、その幼なじみで彼の強烈な恋情の対象となる石頭の恋愛大河BL版みたいなストーリーなんだけど、コン・リーは妓楼の名花で、小豆の心を知りながら石頭を彼から奪い、後に石頭と結婚する菊仙役。フツーの恋愛映画だったら敵役なんだけど、この映画のコン・リーがまあ、優しいようで計算高く、強いようでか弱く、健気なようで奔放、その時々で女性のあってあらゆる面を変幻自在に見せてくれて、観ている私達レスリーファンも、彼女のことを憎みたくても憎めない、絶妙な名演技でございました。そんな名女優も御年57才。しっかし、マーク・チャオやオダギリジョーを骨抜きにするファム・ファタルがちっとも違和感ない。美魔女コン・リー、恐るべし。西のジュリエット・ビノシュ、東のコン・リーだなぁ……。

 

 さてさて、そんな名女優の懐を借りて、今回我が日本の男子代表として❓鋭意この映画に出演しているのが、オダギリジョーと中島歩。

 

2人とも、カッコいいっすよ❗

 

 オダギリジョーは、ユー・ジンに亡き妻の面影を追い求める憂愁の眼差しを持つ海軍少佐で、私たち観る側が抱いている大日本帝国軍人のイメージを、良い意味で裏切ってくれました。一方で、中島歩演じる梶原は古谷の言わばボディーガード、射撃の名手で狂犬のような男ですが、古谷を命に換えても守り抜く、「ワル」の魅力に溢れています。中国人女子の中にも、この2人にクラッと来た人、いるんじゃないかしらん😍

 

 戦時下を描く中国映画と言えば、日本軍が悪者になるのはわかりきっているから、覚悟で見に行ったけど、ロウ・イエ監督の今回の作品は、中国側にも同胞を敵に売り渡す輩もいれば、一方で帝国軍人の中にも、オダギリジョーのように愛する人の面影を抱き続ける心優しき人もいる……といった具合で、人間の描き方がステロタイプじゃないとこが◎❗……しかしラストは、「……え❓ホンモノのワルはこっちだったの❓日本人も中国人も、第一次世界大戦時のアラブ民族と同様、いいように踊らされただけ❓」って感じでなんとも皮肉(^.^; ラスボスが見せる冷徹な表情に背筋が冷たくなったのはヲタクだけ❓


f:id:rie4771:20231108113407j:image

※中島歩、今ヲタクの中でダントツにキテる❗出演作が名作ばかり😍

 

 今作品は、全編モノクロです。モノクロって、血の色がリアルに見えるし、煙草の紫煙が映える。また、光と翳の二元的世界ですから、やはり顔立ちがくっきりはっきり見えますよね。そして、女優さんの場合、 特に肌が美しく映ります。ヲタクは元々モノクロ映画が好きで、以前「モノクロ映画を語ろう❗」(①〜③)って記事を書いたんだけど、この作品も④を書く時ぜひ加えなくっちゃ❗