オタクの迷宮

海外記事を元ネタに洋画の最新情報を発信したり、鑑賞後の感想を呟いたりしています。今はおうちで珈琲片手に映画やドラマを観る時間が至福。

セバちゃん登場〜サンダンス映画祭『A Different Man』


f:id:rie4771:20240124204304j:image

 アカデミー賞ノミネート作品が今話題だけど、ヲタク的には今回はあんまり萌えないなー。(暴言、お許し下さい(^.^;)やっぱりサンダンスよね!

 

 ……というわけで、先日の『THE OUTRUN』(シアーシャ・ローナン主演、ジャック・ロウデン製作)に引き続き今日ご紹介するのは、セバスチャン・スタン主演の『違う男 /A Different man』。セバちゃんは、人生をやり直そうと、美容整形によって「違う人間」になる男の役。しかし、新たな人生を歩む筈が、彼の整形前の人生が舞台化されることとなり、彼を演じる俳優(セバちゃんが二役を演じるもよう)に対して次第に異常な執着を抱き始め、現実と妄想が混在し始める‥‥というストーリーのようです。

 

  セバちゃんの出世作と言えば、言わずと知れたアベンジャーズフェーズ1のウィンターソルジャー役。愛国の兵士でキャプテン・アメリカの親友、バッキー。元はめちゃくちゃ明るいキャラだったのに、ヒドラによって殺人マシン化されてからの彼は、真逆へとキャラ変。自らの運命を呪いつつも、なんとかそれに抗おうと必死で闘っているさまがめちゃくちゃセクシーでした。

 

 彼はルーマニア移民の出身。ご他聞にもれず、少年時代はひどい訛りのせい貧困と戦いながら俳優を目指した苦労人。そんな過去を乗り越えて現在のポジションを掴んだ裏にはどれだけ血の滲むような努力があったのかと思うと、それたけで胸がアツくなる。そんなハンデがあるにも関わらず、彼は果敢に様々な役に挑戦しています。ヲタク的には、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』ライバルの襲撃を計画した実在のトンデモスケート選手トーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビーの怪演も凄かった)の、これまたトンデモDV夫や、かなり増量して臨んだ『悪魔はいつもそこに』の悪徳保安官、『パム&トミー』マッパの大熱演……etc.が強烈な印象。そんな「捨て身の演技派」セバスチャン・スタンが挑むA24のスリラー!まったくもって楽しみすぎる。

 

 共演は、『私は最悪』(2021年…監督はヨアキム・トリアー)で第74回カンヌ映画祭主演女優賞を受賞した、今大注目のデンマーク女優、レナーテ・レインスヴェ。


f:id:rie4771:20240125035051j:image


f:id:rie4771:20240125035120j:image

※相手役のレナーテ・レインスヴェと。撮影現場のオフショかな?同じ非英語圏の出身だからか、セバちゃんリラックスして楽しそうだね。