オタクの迷宮

海外記事を元ネタに洋画の最新情報を発信したり、映画・舞台・ライブ鑑賞後の感想をゆるゆると呟いたりする気ままなブログ。

血まみれサンタのお通りだい❗〜『バイオレント・ナイト』


f:id:rie4771:20230202192257j:image

 クリスマス当日のサンタのお話しを節分の日に大公開……って、何かのジョークなの?……って感じですが、世界中の良い子の味方?サンタさんがじつは大酒飲みのおっさんで、強盗相手とはいえガチのバイオレンスアクション大爆発❗……な映画をクリスマスに観るのもそれはそれでどうかと思うので(笑)季節外れの公開で良かったかもね、うん。どうせR15でお子ちゃまは見れないんだし(^_^;)

 

 とあるクリスマス・イブ。今はもはや1100歳で、老体に鞭打ってプレゼントを配り歩くサンタクロース(『ブラック・ウィドウ』レッド・ガーディアンのデヴィッド・ハーバー…コワモテに見えて、頼まれたらイヤと言えないキャラは今回も同じ 笑)。サンタクロースを信じる子どもたちは年々減り続け、大人も子どもも物欲まみれのご時世に嫌気がさし、そろそろ引退を考えている彼は、イブだというのに、プレゼント配りもサボって、酒場でクダをまいている始末。そんな彼がアメリカでも一二を争う大富豪の邸宅にプレゼントを届けに行ったちょうど時を同じくして、完全武装した強盗一味が邸宅に侵入。集まっていた親族は人質にとられてしまいます。見て見ぬふりしてこっそり逃げようとしたサンタさんでしたが、富豪の孫娘で、『ホーム・アローン』よろしく罠を仕掛けて強盗たちをやっつけようという勇敢な少女トルーディのたっての頼みで彼女とタッグを組み(トルーディ手作りのマジパン、サンタさんこっそり食べちゃったからね。そりゃ、イヤとは言えないわな)、「悪い子退治」に乗り出しますが……❗

 

 何と言っても見どころは、最近は現代社会のぬるま湯にどっぷり漬かって牙の抜かれたライオンみたいだったサンタさんが、悪漢たちと闘ううちに、忘れていた太古の、野生の血に目覚めていくとこですね。何しろ1100年前は「脳天潰し」という、マイティ・ソーのムジョルニアみたいなオノを振るって敵をなぎ倒してたって言うんですから。サンタさんの意外な過去にビックリです。聖ニコラスじゃなかったんだ(笑)そんなサンタ・ザ・バイキングに、いくらライフルで武装してたって、特に接近戦ではひよわな現代人がかなうわけありません。「Merry Christmas, Everybody」の軽快なリズムに乗ってサンタさんが「脳天潰し」を振るうたび、血飛沫と共に腕が飛ぶ、首が舞う(^_^;)あれ?この映画、『ノースマン 導かれし復讐者』だっけ?『ヴァルハラ』だっけ?って感じです(笑)「サンタさん、魔法が使える設定なのになぜ使わないんだろう」ってコメントどこかで見たけど、使いたくなかったんでしょう。なにせ太古のノースマンなんだから(笑)

 

 悪い子退治が終わったあと、サンタさんの奥さんが「これからは必要でしょ?」ってトナカイに持たせた「脳天潰し」笑。奥さんわかってるぅ〜〜。1度野生に目覚めたからには、もう後には戻れない(笑)これからはきっと、プレゼント配りだけじゃなくて、悪い子潰し……いやもとい、悪い子退治もサンタさん🎅の大事なお仕事🎵

 

 

ジョン・レグイザモ演じるラスボスの※スクルージディケンズも苦笑いな役名)が歌う

Violent Night〜〜🎵 Gory Night🎵

(暴力的な夜 血まみれの夜…『きよしこの夜』のフシで(^_^;))

よろしく、

予定調和なクリスマスストーリーなんてぶっ飛ばせ❗

さすが87ノース・プロダクションな1作でしたとさ、ぢゃん、ぢゃん❗

ラスボスとは言え、クリスマスに悲しい?思い出を持つ人間味があり、ちょっとおトボケなところは『ホーム・アローン』風味。