オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α

変わり者よと言われても 今日もオタクで生きてゆく

世紀末のパリにタイムスリップ~『パリ殺人案内』

f:id:rie4771:20210420181450j:image

  U-NEXTで『パリ殺人案内』全7話鑑賞。1話1時間30分程度で、主人公もそれぞれ、お話の内容も独立しているので、どのエピソードから見ても大丈夫😊以前、AXNミステリーチャンネルで放映されたみたいですね。同じくAXNミステリーで度々放映される『フランス絶景ミステリー』は、ブルターニュ地方やピレネー山脈フランスアルプスなど美しい大自然が「ウリ」ですが、今シリーズは花の都パリが舞台で、時代背景は、世界中から芸術家たちがパリに集まって文化の大輪の華を咲かせた世紀末❗ヲタク的にはツボはまりまくりです(笑)

 パリの様々な観光名所を舞台に、強くて無鉄砲、反骨心旺盛な?ヒロインたちが、国家の陰謀を暴いたり、高価な美術品を盗み出したり、難解な殺人事件の謎を解いたり…と大暴れ😅それも、見目麗しい若い女性というより、オトナの魅力に溢れた…っていうか、ぶっちゃけ「オバサン」が多かったですね(笑)ヨーロッパ、特にフランスって女性の真の魅力は四十から…なんて風土だから、日本のドラマだったらヒロインのお母さん役になるところを堂々と主役を張って、さらに堂々と濡れ場なんか演じちゃう(笑)

 

  エピソードの構成は…

1)ムーラン・ルージュ

ムーラン・ルージュの踊り子だった妹が突然行方不明に。妹の行方を追う姉のディアンヌは、当時パリの巷に出没していた、踊り子を狙う殺人鬼に狙われて…。

2)エッフェル塔

オープン間もないエッフェル塔のエレベーター内で起きた殺人事件。ヒロイン・ルイーズは、エッフェル塔建設に関わった父が、自分の知らない秘密を抱えていたことを知り…。

3)オペラ座

オペラ座では今まさにビゼーの歌劇『カルメン』の稽古真っ最中。そんなある日、舞台スタッフの女性が天井桟敷で殺される。犯人として逮捕されたのは、ミカエラ役でデビュー目前のフォスティーヌの恋人だった。恋人の無実を信じるフォスティーヌは、仲間たちの助けを借りて真犯人探しに乗り出すが…。

4)ルーブル美術館

パリを賑わす怪盗メルキュールは、実は女性だった❗盲目の妹を抱え、路上で日銭を稼ぐ青年フレデリクは、メルキュールからその軽業ぶりを見込まれて、ルーブル美術館で最も貴重な首飾りを盗む作戦に誘われる。

5)ヴァンドーム広場

ヴァンドーム広場に面した超一流ホテル、リッツの厨房で働くジャンヌ。ある日1人息子のフィリップが誘拐され、彼女の元に、「オーストリアハンガリー帝国とセルビアの友好晩餐会の日に、必ず厨房に入れ」との脅迫状が届く。

6)エリゼ宮

マドレーヌが工場で働き、女手1つで育て上げたヴィクトールは今や大統領補佐官に出世。彼の執務室があるエリゼ宮をある夜ヴィクトールにこっそり案内してもらっていたマドレーヌは、主席補佐官が殺される現場に遭遇してしまう。

7)ソルボンヌ大学

ソルボンヌ初の女子学生ヴィクトワールは、サルド教授殺人事件の第一発見者となり、容疑者として連行されてしまう。彼女の無実を信じる仲間の学生たちと、ガルボ教授が真犯人探しに奔走する。

 

  なんといっても19世紀末のパリの風俗、建物(もちろんルーブル美術館等は当時の外観を忠実に再現)、ロートレックの画から抜け出てきたような当時の貴婦人たちのファッションがステキ😍

 

  当時の文化人たちも度々登場、ヒロインがロートレックの絵のモデルに誘われたり(ムーラン・ルージュ)、ヒロインがあの有名な料理人エスコフィエの下で働いていたり(ヴァンドーム広場)、リッツのエントランスにマルセル・プルーストが立っていたり…と、コネタがたくさん😊(アメリカの作家がパリを旅している間にタイムスリップして文化人と交流する…というウッディ・アレン監督の映画『ミッドナイト・イン・パリ』思い出しますねぇ~。あの映画で主人公がタイムスリップしたのは1920年代のパリでしたけれども)

 

  また、セルビアオーストリア・ハンガリー帝国が友好的関係性を保っていた当時の時代背景(両国の関係はその後悪化、オーストリアハンガリー帝国の皇位継承者がセルビア人に暗殺されたサラエボ事件第一次世界大戦の引き金になります)、あるいはアルザス・ロレーヌ地方を巡る対ドイツの緊張を孕んだ当時の外交関係等がストーリーに巧みに織り込まれていて、大変興味深いです。

 

  個人的には今ズンバに凝っているので、ムーラン・ルージュの踊り子たちのレッスン風景や舞台裏に興味シンシン。立ったまま180度開脚しなくちゃいけないんですよ❗凄すぎる、人間ワザとは思えない。(あんなことしたら、股関節バラバラになるわ(・д・))って、呟きながら見ておりました(笑)